Safety Plan Simulation system

コンプライアンスに先手を打つ

SPシミュレーションシステム

SP SIMULATION SYSTEM

中・低層建築における労災死亡事故の大半は、墜落災害が占めており、建築着工件数が減少しているにもかかわらず増加しています。
これは現在、住宅施工会社の抱えている問題が今まで解決されなかったことにあります。
セイフティープランは、そんな企業の悩みを、総合仮設計画を通じて、企業のコスト・リスク削減を図るとともにパートナー・シップをもちアウトソーシングのバックアップをいたします。

事故はいつ起こるかわかりません

監視のできない現場でも事故は起きてしまいます

業務停止命令

監督責任

損害賠償

書類送検

株主代表訴訟

起きる前に対策を

安全衛生規則の改定により、作業前の足場の点検が義務付けられました。
正確な足場の計画図を準備することにより、会社のリスクが軽減します。

足場計画図作成のメリット

Merit,1

チェックシートを活かした足場の点検

作業前点検・打合せの効果を高める

Merit,2

安全対策に取組む企業の証明

元請責任発生のリスクを低減

Merit,3

元請主導の工事を実現

工事の質、安全性が保たれる

元請責任のリスクヘッジは万全ですか?

考えたくはありませんが・・・

もしも貴社の足場工事中に会社側の過失が原因による労災死亡事故や2012年3月に埼玉県東松山市であったような、一般人が犠牲者となる痛ましい事故が起きてしまったと想像してみてください。

事故の一報、そして会社の受ける損害

社内に連絡が入ると同時に、マスメディアによって社名が大きく取り上げられます。
ネット上で検索キーワードが急上昇するのと反対に、今まで築き上げてきた企業イメージが急落するでしょう。

大きな代償を払って教訓を得たいですか

挽回できるチャンスがあればいいのですが、今回事故の加害者である会社の上層部は対策を怠ったことを心底悔やんでいるでしょう。
出来うる対策を軽んじたその油断から、○○生命が終わってしまった、という多くの例が思い浮かぶことと思います。

転ばぬ先の杖、賢明な選択を

幸いなことに、これは現実ではありませんでしたが、実際におなじようなことが起こる確率はゼロではありません。
労働安全における重要課題である足場からの転落については、形式だけの計画作成を問題視する声も出ています。
質の高い仮設足場計画図を作成し、規則を徹底することで作業員を事故から守ることが、結果としてリスクコントロールに繋がり会社と社員も守ることになります。

業界をリードする会社としての責任を

某大手ハウスメーカー様も、既に全現場の計画作成に取組んでおられます。
貴社におかれましても、後に続く他社の手本となるべく、賢明なご選択をされますよう、ご期待申し上げます。
また、その際はぜひ当社にご用命くださいますようにお願い致します。

お問い合わせ/資料請求

ページトップ